坂本龍馬に学ぶ本

坂本龍馬を知り
自分を変える事ができる一冊

坂本龍馬に学ぶ「仲間をつくる力」-Book

amazon

この本は坂本龍馬を知る事ができ
自分の人生を変える可能性を秘めている!

なぜ、坂本龍馬はこんなにも多くの人を魅了し語り継がれているのか?

それは著者を含め、数多くの人々が坂本龍馬から、
人間関係や経営マインドを学び成功した事実があるからです

坂本龍馬は皆が想像するような
特別な人ではない

現代を生きる失敗を何度も繰り返し
思い悩み、苦しみそれでもめげずにがんばりぬいた一人の青年

英雄でもスパイでもない、我々と同じ地方出身の
一人の日本人の若者、それが坂本龍馬

龍馬好きなら「憧れ」で終わるな!
龍馬の意志を継いでこそ本当の龍馬好き

坂本龍馬を好きという方は沢山います。そのなかでどれだけの人が、
「英雄の坂本龍馬」ではなく、「一人の青年の坂本龍馬」として自分に重ねて
いるでしょうか?

龍馬の共感力・情報力・経営マインド・強いメンタル・世界観など、
彼のこうした力にもっと目を向けていかなければならないはずです。

本当に龍馬が好きならば、「龍馬は英雄」「龍馬は憧れ」「龍馬はすごい人」で
終わらないでください。

田舎出身の若者が現代の日本でも語り継がれ人気を博しているのです

この本を読む事で今の自分に何が足りないのか、そして何が必要なのか
坂本龍馬が気づかせてくれるでしょう。

分かりやすい!若者に薦め
子供に読ませたいのレビューが多数!

感動しました
これほど龍馬のことがよくわかる本って他にあるのかなと思うくらいよく調べられていて・・・
まるで龍馬と共に生きてこられたかのよう・・・
龍馬の歴史がとてもわかりやすく、またメンタル面などを書かれているところは本当に感動します。龍馬のことを書かれながら奥には今の日本を心配され、人生とは何か、また自分の役割とは何かということを書かれています。
坂本龍馬を知るにはオススメの本
本をあまり読まない私でもサクサク読むことができとてもわかりやすかった
著者の失敗談、坂本龍馬の失敗と成功など、自分の人生やビジネスの中で重なる所が多く共感できた。特に「人との付き合い方や失敗した時の行動」などは「なるほど」と思わされた。自分が中学や高校の時に読みたかった
別件の感想ですが、この本をきっかけに本を読む面白さも教えてもらいました
坂本龍馬が教えてくれるもの
坂本龍馬の生き方・歴史、神谷さん、龍馬プロジェクトが重なり合い、2度、3度読むことでさらに深く落としこまれ、大局観を磨ける大変読み応えのある本だと思いました。本の冒頭では、坂本龍馬のことを「英雄でもスパイでもなく、ただの青年だった。現代を生きる我々と同じ、思い悩んでは失敗を繰り返し、しかし、それでもめげずにがんばって生きた青年であった。」と述べられております。
等身大の坂本龍馬を描き、一人の人間のスイッチが行動力に拍車をかけ、インテリジェンスが磨かれ明治維新への火種となっていった。今を生きる若者にこそ感じて頂きたい、必要なエッセンスがたくさん詰まっている本だと思いました。
坂本龍馬が「龍馬たり得た理由」がわかる本
この本は、ぜひわが子が中学生か、高校生くらいになったら読んでほしい
坂本龍馬は、日本人なら誰もが知っている明治維新の立役者。明治政府の重職にもついていない彼がこれほど名を残しているのは、やはり維新成功への貢献度が高かったからに相違ない。しかし、名もなく、地位もなく、お金もなかった彼がどうやって偉業を成し遂げたのか。その答がこの本にあると感じた。
神谷氏は、市議会議員という立場から出発し、龍馬プロジェクトを立ち上げ、志の高い議員同士が高めあう場づくりを行っているようだ。こうした活動にはなかなかスポットライトが当らず、地道な活動になっているようだが、選挙権が18 歳に引き下げられることになった日本において、若者たちが政治を志したり、政治という仕事に夢を感じるきっかけにも神谷氏の存在はなるかもしれない。
神谷氏は、この本を通じて、龍馬のような人間になるために特別な才能は必要なく柔軟にいろいろな人から学びながら、大きな世界観と自分の軸を定めていくことで龍馬になれるということを伝えたかったようだ。若い人にぜひ読んでもらいたい
amazon

この本の内容を一部ご覧下さい

更にこんな展開で進んでいきます

序章 坂本龍馬のように生きたい
私が『龍馬プロジェクト』を立ち上げたワケ
これからの人生をどうしていくのか
龍馬の生き様に「仲間を作る力」のヒントがある
第一章 人を動かすー龍馬の共感力
目を見開いて、認識を共有する
気づいたら、直ぐに行動する
いいと思えば、直ぐに取り入れる
仲間から学び、ともに成長する
熱を受けとり、反応する
共感したら、すべてをかける
第二章 正しく判断するー龍馬の情報力
いかに情報を集め、それをどう組み上げるか
インフォメーションを分析する
私利私欲を捨て、対極から物事を見る
ピンチをどう切り抜けるか
情報をインテリジェンスに変える
第三章 仲間を率いるー龍馬の経営マインド
活動資金はどう調達するか
お金を動かし人を巻き込む
相互に利益をもたらす関係性を構築する
第四章 へこたれないー龍馬の精神力
失敗しても、めげない
何があっても絶対にあきらめない
死をも恐れずに意志を貫く
誰に反対されても、なさねばならないことがある
第五章 志を立てるー龍馬の世界観
自分はどんな役割を果たしていくのか
世界観を知って活かす
自分は今、どこのレベルか
おわりに
先人から種を受けとり、未来のために木を植える人
坂本龍馬の年表

坂本龍馬を知ることができる
この本を読むメリットは?

  • 坂本龍馬をわかりやすく知る事ができる
  • 人間関係を良好にし、本当の仲間を生むシステムが身につく
  • 現代社会にも応用できる龍馬の生き方を学べる
  • ピンチの時の上手な切り抜け方がわかる
  • 視野の広げ方と行動力について学べる
  • ビジネスで成功する為の経営マインドが分かる
  • 今の自分を良い方向へ変化させる術が身に付く

坂本龍馬に学ぶ「仲間をつくる力」
著者:神谷宗幣から皆さんへ

私は7年前から【龍馬プロジェクト】という会を作り、多くの仲間と共に、日本を少しでも良くしたいと全国を周って活動をしています。

龍馬の提案した「船中八策」のようなビジョンをまとめて提案したいとの思いで「龍馬」の名前を借りましたが、活動を続けていく中で、龍馬のことを深く考えるようになり、彼の「人を惹きつける魅力」=「仲間をつくる力」に感銘を受けました。

私は歴史学者ではないので、龍馬の人物研究は専門家の方々に譲ります。本書は、龍馬の活動の概略を知り、一人一人が龍馬のような想いを持って活動してほしいという願いを込めてまとめたメッセージ集です。

龍馬を知らない学生でも分かるように、分かり易さを追求してまとめました。龍馬の入門書として、また一人一人のモチベーションアップの材料としてお読み頂ければ幸甚です。

坂本龍馬に学ぶ「仲間をつくる力」
著者:神谷宗幣

坂本龍馬と出会ったからこそ広い世界観で
仲間と共に活動ができる!!

坂本龍馬を知り
自分を変える事ができる一冊

坂本龍馬に学ぶ「仲間をつくる力」-Book

amazon

footimg